虫歯治療・小児歯科・入れ歯|元町・中華街駅徒歩1分で小児矯正・インプラントを行なう歯医者 横浜元町ナチュラル歯科 矯正歯科

急患随時受付

045-306-8047

電話 ご予約 MENU

虫歯治療・小児歯科・入れ歯 TREATMENT

なるべく削らない、痛くない治療を

なるべく削らない、痛くない治療を

「虫歯になっても削って被せ物や詰め物をすればいい」とお考えの方はいらっしゃいませんか?
被せ物や詰め物すると、歯が治った気がしてしまいますが、歯は削れば削るほど、弱くなり、歯の寿命は短くなってしまいます。
当院では、大切な歯を守り、より長く使い続けるためになるべく歯を削らない治療に取り組んでおります。
また、「歯科治療は痛い」というマイナスイメージを払しょくし、歯科医院が通いやすい場所になるように、できるだけ痛みを軽減する治療を心がけております。

低侵襲治療(ミニマルインターベンション)を実施しています

低侵襲治療(ミニマルインターベンション)とは、治療における抜歯や歯の損傷を最小限に抑え、本当に悪くなったところだけを取り除き、健康な組織を温存しながら歯を修復する治療のことをいいます。削る量を最小限にし、できる限り歯を残せるように治療することで、患者さまが生涯ご自身の歯で食事をし、健康で豊かな生活が送れるようにサポートいたします。

できる限り痛みを抑えた治療

できる限り痛みを抑えた治療

虫歯の治療の際には、可能な限り痛みの少ない方法を選択し、治療による痛みも最小限に抑えるためにさまざまな工夫をしております。
たとえば、麻酔を行なう際には、麻酔針を刺す痛みを抑えるためにジェル状の表面麻酔を歯肉に塗布してから行ないます。また、麻酔針を刺したときの摩擦を軽減するため、針は極細のものを使用し、一定の速度とリズムで麻酔液をゆっくり注入することで痛みや不快感を和らげるようにしております。

虫歯治療

虫歯を理解して、予防しましょう

虫歯のことをしっかり理解することで、適切な予防を行なうことができます。虫歯は、虫歯の原因菌が歯に付着した糖を分解して作り出した酸によって歯が溶かされる病気です。
虫歯の直接的な原因は、歯垢のなかの虫歯の原因菌です。しかし、実は細菌だけが原因なのでなく、「糖分」「患者さまのお口の状態(歯列や歯の型り、唾液の量など)」「糖分が歯に付着している時間」などの要因が影響し合うことで、虫歯は発生します。
当院では、ただ虫歯を治療するだけではなく、患者さまが虫歯にかかった原因を明らかにし、歯磨き指導や定期検診によるケアによって虫歯の原因を取り除くことで、虫歯の再発を予防します。

虫歯予防・定期検診について

当院では、新たな虫歯や治療した部分の再発を予防するために、3~6ヵ月ごとに検診とメンテナンスを受けることをおすすめしております。
毎日の歯磨きだけでは、虫歯の原因となるバイオフィルム(ネバネバとした細菌の塊)や歯石を取り除くことはできません。適切な歯磨きにプラスして、定期的にプロによるケアを受けることで、お口の健康を維持し、長く歯を使い続けることができます。

小児歯科

お子さまの歯を守るために

お子さまの歯を守るために

「乳歯が虫歯になってもどうせ生え替わるから」などと考えがちですが、実は乳歯が虫歯になってしまうと、次に生えてくる永久歯に悪影響を与えてしまうのです。
乳歯が重度の虫歯にかかり、歯根の先に膿が溜まるようになると、その下にある永久歯の発育が妨げられてしまいます。また、虫歯の進行状況によっては抜歯になることもありまが、生え替わりの準備のできていない歯を抜くと、できたスペースに周囲の歯が寄ってきてしまい、永久歯の歯並びが悪くなってしまう場合があります。
そして、もっとも懸念されるのは、乳歯が虫歯にかかっていて、お口の中に虫歯の原因菌がたくさん存在している状態では、そのなかで生えてくる永久歯が虫歯にかかるリスクが非常に高いということです。
お子さまの大切な歯を守るためにも、お子さまの歯で気になることがありましたら、お早めに受診ください。

子供たちが笑顔で通院できるように配慮しています

当院では嫌がるお子さまを拘束して治療を進めるようなことは決していたしません。お子さまの意志を無視して無理やり治療をすれば、そのときの嫌な思いが残り続け、歯医者嫌いになってしまう可能性があるからです。
お子さまの将来の歯の健康のためにも、きちんとお子さまに対して一人の人間として向き合い、しっかりとコミュニケーションをとることで、お子さまが笑顔で通院できるように努めております。

治療内容

歯磨き指導

歯磨き指導

毎日の歯磨きによって虫歯の原因となる歯垢をしっかりと除去できるよう、お子さまのお口で汚れが溜まりやすい箇所を確認したうえで、適切な歯磨き方法をご指導いたします。お子さまご自身による歯磨き方法はもちろんのこと、仕上げ磨きの方法やポイント、歯ブラシ以外の補助清掃具の使用方法などについても丁寧にレクチャーいたします。

フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素(フッ化物)には、歯へのミネラルの沈着や再石灰化を促進する効果があります。フッ素を虫歯になりやすい生えたての乳歯や生え替わったばかりの永久歯に塗布することで歯を強くし、虫歯を予防する効果が期待できます。

シーラント

シーラント

乳歯の奥歯の溝は深さがあり、複雑な形状をしています。歯ブラシで汚れを除去しにくい乳歯の奥歯の溝に、シーラントとよばれる樹脂を流し込むことで、歯磨きをしやすくし、虫歯にかかりにくくすることができます。

入れ歯(義歯)

入れ歯(義歯)

入れ歯の悩み、お聞かせください

「噛みにくい」「外れやすい」「痛い」「見た目がよくない」…、そんな入れ歯のお悩みをお持ちではありませんか?
入れ歯に不満があると、食事やコミュニケーションを充分に楽しむことができず、生活の質が低下してしまいます。
当院では、痛みや違和感が少ないフィット感に優れた入れ歯に、見た目のよい入れ歯をご提供することができます。「入れ歯はそういうもの」とあきらめずに、ぜひ一度当院に入れ歯のお悩みをお聞かせください。

豊富な種類からお選びいただけます

当院では、患者さまのニーズに対応できるよう、さまざまな種類の入れ歯を取り扱っております。

保険適用の入れ歯

保険適用の入れ歯

お口の粘膜や歯肉に密着させる部分も人工歯もレジン(プラスチック)製の入れ歯です。厚みを出すことで強度を保っているため、味や温度を感じにくいことがありますが、加工や調整、修理がしやすいというメリットがあります。

金属床義歯

金属床義歯

お口の粘膜や歯肉に密着させる部分が金属製の入れ歯です。金属は強度があり、薄くすることができるため、装着時の違和感が少なく、発音も妨げられません。
また、金属は熱を伝えやすいので、天然の歯と同じように食べ物の温度を感じることができます。

アタッチメント義歯・マグネット義歯

アタッチメント義歯・マグネット義歯

アタッチメント義歯は、残っている歯と入れ歯のそれぞれに留め具(アタッチメント)を取り付けて接続し、固定する部分入れ歯です。同じ構造で、アタッチメントではなく磁石で固定する入れ歯は、マグネット義歯といいます。
バネで固定する入れ歯のように噛んだときにバネが動いてしまうことがないため、しっかりと噛むことができます。また、留め具や磁石と入れ歯が一体化しているので、目立ちにくく、審美性にも優れています。

ノンクラスプ義歯

ノンクラスプ義歯

ノンクラスプ義歯は、「クラスプ」とよばれる金属製のバネや金具を使用しない部分入れ歯のことをいいます。
歯肉と同じ色の弾力のあるプラスチックを使用して入れ歯と歯肉を密着させて固定するので、見た目もよく、金属アレルギーの方でも使用できます。
また、入れ歯の構造自体もバネを使用した部分入れ歯よりも薄くできるので、装着時の違和感が少なくなります。

コーヌスクローネ義歯

コーヌスクローネ義歯

入れ歯の固定するためにバネを使わずに、残っている歯を含めて被せるようにはめ込むことで固定する入れ歯です。バネを使用しないので、見ためがよく、歯への負担も軽減できます。
構造としては、固定源となる歯の形を整え、そのうえに金属製の内冠を被せ、入れ歯側には内冠にピッタリと合う外冠を取り付けてはめ込むことで、入れ歯を固定します。
安定性に優れるので、固いものでもしっかりと噛むことができます。

PAGETOP