インプラント治療|元町・中華街駅徒歩1分で小児矯正・インプラントを行なう歯医者 横浜元町ナチュラル歯科 矯正歯科

急患随時受付

045-306-8047

電話 ご予約 MENU

インプラント治療 Implant

インプラント治療

インプラントは第二の永久歯

インプラント治療は、インプラントとよばれる人工歯根を使って歯の欠損を補う治療です。自費診療ですが、保険診療のブリッジや入れ歯よりも天然歯に近い見た目と噛み心地を再現することができるため、インプラントによって回復した歯は「第二の永久歯」ともよばれています。
インプラントのおもな素材であるチタンは、骨と結合しやすい性質をもっているため、顎骨に埋め込むことで骨と一体化し、しっかりと固定されます。そのため、インプラントに取り付けた人工歯は、天然歯と同じような感覚で、硬いものでもしっかりと噛むことができます。また、天然歯と同じように歯肉のうえに歯があるような見た目にできるだけでなく、周りの天然歯となじむ自然な色合いの歯に仕上げることができます。
このように、天然歯にもっとも近い機能と見た目を回復できるインプラント治療は、より快適な歯で豊かな生活を送りたいと考える患者さまに選択されています。

TOPICS当院は低侵襲で体への負担が少ない治療を提供しています

当院では、インプラントの手術に対する不安や恐怖を軽減できるよう、痛みや体への負担の少ないインプラント治療をご提供するように心がけております。精密な検査と綿密な治療計画によって、安全な治療を行なうことはもちろんのこと、手術に使用する器具も体への負担の少ないものを使用いたします。当院のインプラント治療では、骨を削る際にバリオサージという超音波切削器具を使用しています。バリオサージは、超音波の振動によって血管や神経などの軟組織を傷付けることなく骨だけを切削できるので、一般的なドリルで骨を削るよりも骨や歯へのダメージが少なく、術後の痛みも軽減することができます。

当院は低侵襲で体への負担が少ない治療を提供しています

歯を失った場合の
3つの治療法

インプラント

インプラント

インプラントを顎骨に埋め込み、そのうえに天然歯にそっくりな人工歯を被せることで、歯の見た目と機能を取り戻します。

メリット
・天然歯と同じようにしっかりと噛める
・自然で美しい見た目を再現できる
・周りの歯を削ったり固定源にしたりする必要がなく、負担をかけない
デメリット
・外科手術が必要で、全身疾患のある方は注意が必要
・ほかの治療よりも治療期間が長い
・基本的に健康保険は適用されない
入れ歯

入れ歯

歯を失った部位に人工の歯を入れ、噛む機能を回復させる方法です。容易に取り外しができ、多くの方が治療法として選択します。

メリット
・健康保険が適用されるので、治療費を抑えられる
・インプラント治療よりも治療期間が短い
・外科手術を必要としないため、全身疾患があっても治療できる
デメリット
・保険適用の部分入れ歯の場合、金属のバネが目立つ
・固定されていないので、ずれたり外れたりしやすい
・口の中に異物感を感じやすく、発音しにくい場合もある
ブリッジ

ブリッジ

失った歯の両隣の歯を削って土台とし、人工歯が連結した被せ物を装着することで、失った歯の機能と見た目を補います。

メリット
・ずれたり外れたりする心配がなく、しっかり噛める
・健康保険が適用されるので、治療費を抑えられる
・外科手術の必要がなく、全身疾患がある方でも治療できる
デメリット
・土台となる両隣の歯を削る必要があり、歯に負担をかける
・ブリッジと歯肉の間に食べ物が詰まりやすい
・多くの歯を失っていて場合は治療できない

当院のインプラント治療
の特長

リスクやデメリットについての十分な説明

リスクやデメリットについての十分な説明

治療に対する不安を軽減し、納得したうえで治療を受けるためには、治療のリスクやデメリットについてもきちんと理解したうえで治療を受けることが大切です。どの治療においてもそうですが、デメリットのない治療というものはありません。当院では、メリットだけでなくデメリットやリスクについてもしっかりとご説明をし、そのうえで、患者さまのお口や体の状態、そしてご要望にもっとも合った治療方法をご選択いただけるようにしております。デメリットを完全になくすことはできませんが、患者さまの不安や心配をできる限り軽減し、安全に治療を行なえるよう最善を尽くしておりますので、気になることがあれば、ご相談ください。

歯科用CTによる精確な治療

歯科用CTによる精確な治療

安全なインプラント治療においてもっとも大切なことは、治療前の精密な検査です。治療前に患者さまのお口や顎骨の状態を詳細に把握することで、より的確な診断を行なうことができます。インプラントの精密検査において役立つのが、歯科用CTで得られる3D画像です。この画像からは平面のレントゲン写真では確認することができない顎骨の形状や質、治療部位付近の血管や神経の位置なども精確に把握することができるため、インプラント埋め込む適切な位置や深さの診断だけでなく、手術の際に血管や神経を傷付けてしまうようなリスクの回避を助けます。

患者さまに合わせた治療

多くの歯を失っている方へ
―All-on-4(オールオン4)―

最小限のインプラントでたった1日で噛めるようになる

最少4本のインプラントで
即日歯が入る治療

All-on-4(オールオン4)は、片顎または両顎すべての歯を失ってしまった方や、残っている歯をすべて抜歯せざるを得ない方を対象とした即日インプラント治療です。片顎に対し最少4本のインプラントで歯の機能と見た目を回復させることができ、一般的なインプラント治療よりも必要とするインプラントの数が少ないので、治療費や体への負担を抑えることができます。また、骨の状態がよければインプラントを埋め込んだその日のうちに、仮歯を装着することができるので、「歯が無い」という期間がなく、手術当日から軽い食事も可能です。

こんな方におススメです

・今使っている入れ歯がよく外れる
・治療にかかる費用を抑えたい
・すぐに歯の見た目を回復したい

All-On-4(オールオン4)の特長

01.インプラントの本数が最小限ですむ

すべての歯を失っていても、片顎に対して必要なインプラントの本数は4~6本。失った歯の数とほぼ同じ数のインプラントを埋め込む通常のインプラント治療よりも、手術時間・術後の腫れ・費用のすべてにおいて負担を軽減できます。

02.手術当日に仮歯が装着できる

インプラントを埋め込む手術当日に仮のインプラント用人工歯を装着することができるため、通常のインプラント治療よりも早い段階で歯の見た目と機能を回復することが可能です。

03.手術による腫れや痛みが少ない

コンピュータ上で行なった手術のシミュレーション通りにインプラントを埋め込める手術用ガイドを使用することで、歯肉を切開することなくインプラントを埋め込めるので、術後の腫れや痛みが軽減します。

04.骨が薄くても治療できる

奥歯側に埋め込むインプラントを骨のある前歯部分へ向かって斜めに埋め込むことで、12本分の人工歯を支えるため、奥歯部位の顎骨が薄い方でもインプラントを埋め込むことができます。

骨が足りない場合の治療

骨が薄くインプラントが難しい場合の治療も可能です

骨造成でインプラント治療が可能に

重度の虫歯や歯周病、合わない入れ歯などが原因で顎骨が痩せて薄くなっていると、インプラントを埋め込んでも充分に固定することができないため、インプラント治療を希望しても、そのままではインプラント治療ができない場合があります。当院では、そのようにインプラント治療のための骨量が足りないという方でも、「骨造成」を行なうことで、インプラント治療を可能にします。骨造成とは、骨を増やす処置のことです。骨造成には「GBR」や「骨移植」、「上顎洞挙上術」などさまざまな方法がありますが、患者さまの症状に合わせた方法で骨を増やします。

3D動画で見るデンタル
インプラント治療の流れ
「インプラントを
奥歯に一本埋め入み」

PAGETOP