裏側矯正|元町・中華街駅徒歩1分で小児矯正・インプラントを行なう歯医者 横浜元町ナチュラル歯科 矯正歯科

急患随時受付

045-306-8047

電話 ご予約 MENU

裏側矯正 LINGUAL

見えにくい裏側矯正

見えにくい裏側矯正

一般的な矯正治療で歯の表側に装着する矯正装置を歯の裏側に装着して歯並びを整える矯正治療のことを、裏側矯正といいます。リンガル矯正または舌側矯正とよばれることもあります。
一般的な矯正治療で使用される金属製のワイヤーやブラケットによる矯正装置は、歯の表側に装着すると非常に目立ちますが、歯の裏側に装着する裏側矯正の矯正装置は、ほとんど見えることがありません。周囲の人に気づかれずに歯並びを整えられるだけでなく、治療中の装置による見た目を気にする必要がないため、治療中の患者さまの心理的ストレスを軽減します。
さらに、裏側矯正は表側に装置を装着する場合よりも装置の固定源となる奥歯が動きにくく、前歯をしっかりと後ろに引っ張って移動させることができるため、出っ歯などの前歯の歯並びの改善に適しています。

このように裏側矯正はさまざまなメリットをもつ治療ですが、難易度が高く、歯科医師に熟練の技術と経験が求められる治療であるため、どこの矯正歯科医院でも受けられるわけではありません。
当院では、歯列矯正に精通した経験豊富な歯科医師が裏側矯正をご提供いたしますので、どうぞお気軽にご相談ください。

こんな方におすすめです

01.目立つ装置を装着することに抵抗がある方
01.目立つ装置を装着することに抵抗がある方
02.職業上の理由などで目立つ装置を装着できない方
02.職業上の理由などで目立つ装置を装着できない方
03.結婚式や就職などの大切なイベントが控えている方
03.結婚式や就職などの大切なイベントが控えている方
04.出っ歯など前歯の歯並びを改善したい方
04.出っ歯など前歯の歯並びを改善したい方

裏側矯正のメリット

治療中の見た目がよい

治療中の見た目がよい

裏側矯正は、外側から装置が見えることがほとんどないため、見た目がよく、目立つ矯正装置に抵抗がある方でもストレスなく治療を受けることができます。また、周囲の人に矯正治療をしていることを気づかれずに歯並びを改善していくことができるので、芸能関係の方や営業職の方、接客業の方など職業的に人前に出る機会の多い方に人気の治療方法です。

歯の表面を傷付けにくい

歯の表面を傷付けにくい

歯の表側に矯正装置を装着する治療では、装置の装着時に歯の表面のエナメル質を削ることがありますが、裏側矯正では歯の表面を削る必要はないため、歯を傷付けません。
また、表側に装置を取り付けると、取り外す際にもエナメル質を傷付けてしまうことがありますが、裏側矯正ではエナメル質にダメージを与えないため、エナメル質の光沢を維持することができます。

虫歯になりにくい

虫歯になりにくい

歯の裏側は唾液腺が多く、装置が常に唾液に触れている状態となるため、唾液のもつ静菌作用や殺菌作用によって、虫歯のリスクが低くなります。ただし、裏側矯正は歯磨きにコツが必要なので、歯科医院の指導のもと充分にケアを行なうことが大切です。

口腔内を傷付けにくい

口腔内を傷付けにくい

歯の表側に矯正装置を装着している場合、スポーツの際にボールや人と接触した衝撃によって装置が唇の裏側や頬の裏側などの粘膜を傷付けてしまうことがありますが、裏側矯正では、そのような心配はありません。

前歯を後方に引っ込めやすい

前歯を後方に引っ込めやすい

歯の表側に装置を装着する矯正治療では、装置の固定源となる奥歯が前方に引っ張られて前に移動してしまうことがあります。一方、裏側矯正の装置は、固定源となる奥歯を動きにくくするので、前歯をしっかり後ろに引っ張って移動させることができるため、出っ歯の改善などに適しています。

舌の悪癖が改善しやすい

舌の悪癖が改善しやすい

出っ歯や開咬などの歯並びは、舌で前歯を押してしまう癖が原因となっている場合があります。この癖が改善しない限り、矯正治療で歯並びを整えても後戻りしてしまう可能性があります。
裏側矯正では、歯の裏側に装置を装着することで、舌が装置に触れてしまう違和感によって舌で歯を押す癖が改善しやすく、装置を外したあとも後戻りがしにくくなります。

PAGETOP