マウスピース矯正とは

目立たず、自由に取り外せる矯正治療

かつての矯正歯科治療には、金具のブラケット(固定装置)とワイヤーを利用する、一般的に矯正歯科治療のイメージとして知られている治療方法しかありませんでした。
マウスピース矯正は、従来の矯正治療で患者様が感じていたデメリットのほとんどを解消したような夢のような新しい矯正治療です。

目立たない・自由に取り外し可能という特徴があるので、治療中でもずっと笑顔でいられます。
目立たない矯正「マウスピース矯正」は、これまでの常識を変えました。

目立たず、自由に取り外せる矯正治療
目立たない矯正「マウスピース矯正」はこれまでの常識を変えました。

マウスピース矯正は、従来の矯正治療で
患者さまが感じていたデメリットのほとんどを解消した
夢のような新しい矯正治療です。

目立たない・自由に取り外し可能という特徴があるので、
治療中でもずっと笑顔でいられます。

マウスピース矯正6つのメリット

マウスピース矯正6つのメリット

メリット1矯正装置は透明なマウスピースで目立ちません。

マウスピース矯正は、マウスピース型の透明なフレームを使用します。このプラスチック製のフレームを歯列にかぶせて、約0.5mmずつ歯を動かすしくみで、歯の動きに合わせてその都度フレームを付け替えていく全く新しい矯正歯科治療です。
歯の矯正をしていることもほとんど気づかれることはありません。

メリット2取り外してのブラッシングが可能なので、衛生的です。

従来の矯正歯科治療では、一度装着した矯正装置は治療が完了するまで取り外すことができません。
マウスピース矯正なら、マウスピース型のフレームを自由に取り外しできるので、いつも通りのブラッシングが可能。衛生面でも安心で虫歯になりにくい治療法です。

メリット3食事の時は取り外して、おいしく楽しめます。

キャラメルやガムなど粘着性の高い食べ物は、矯正装置が取れる可能性があるため、矯正治療中は控えた方がいいとされてきました。
マウスピース矯正で使用するフレームは簡単に取り外しが可能。食べたいものを食べたい時に楽しめるのはもちろん、大切な人との食事の時もずっと笑顔でいられます。

メリット4治療中でもホワイトニングが同時に行えます。

通常なら、矯正治療後に改めてホワイトニングを行うのですが、マウスピース矯正ならフレームにホワイトニング剤を入れることで矯正治療と同時にホワイトニングができます。まさに一石二鳥の治療法といえます。

メリット5発音を気にせず、会話が楽しめます。

歯の表面に付ける装置は、口を閉じると唇がふくれて見えたり、閉じていても開いているように感じたりと、慣れるまでに時間がかかっていました。また、歯の裏側に付けるタイプの装置の場合も舌に装置があたり、舌足らずな話し方になってしまいがちです。
マウスピース型装置を使うマウスピース矯正なら、口の中の違和感がほとんどないので発音もスムーズ。接客業や営業など、人と話すことの多い職業の方にも最適です。

メリット6治療費軽減と治療時間の短縮を実現しました。

これまで、見える矯正歯科装置を気にされる患者さんにとって、一番の選択肢は、歯の裏側に装着する「リンガルブラケット」という矯正歯科装置でした。しかしこの装置は、調整時に医師の負担が増えることから費用もかなり高額で、なかなか手がでない治療方法でもあります。
マウスピース矯正なら費用は50万円~。しかも金具を使わないので、矯正歯科治療をしていることをほとんど気づかれることはありません。また、治療は新しいフレームに付け替えるだけなので1回の治療時間も短くて済みます。

治療費のご案内

治療に入る前のカウンセリングの際に、一人ひとりの患者さんの症例にあわせ、担当医師が治療計画を作成。おおよその治療金額を提示いたします。
カウンセリングのご予約は、当院までご連絡ください。

医療費控除制度の対象になります。

年間で10万円超(給与所得しかない場合は、給与所得控除後の金額の5%)の医療費があった場合、200万円を限度として所得から控除できます。歯列矯正治療にかかった費用(通院費なども含む)も控除の対象になります。(ただし、保険金などで補てんされた金額は除きます。)また、所得税の還付や住民税の減額になるので必ず申告しましょう。
※医療費控除には確定申告が必要です。年末調整ではできません。